ショーハショーテン!の面白さを徹底解説!登場人物やお笑いネタの魅力に迫る

今回は、小畑健×浅倉秋成の最強コンビが描くお笑い青春漫画『ショーハショーテン!』について、レビューと感想を書きたいと思います。この漫画は、ジャンプスクエアにて2021年11月号から連載中で、最新刊は5巻で2023年7月4日に発売されました。この漫画は、お笑いに情熱を燃やす高校生たちの青春ストーリーを描いています。登場人物やお笑いネタの魅力はもちろん、お笑い界の裏側やキャラクターの成長と関係性についても紹介します。ネタバレにご注意ください。それでは、早速見ていきましょう!

お笑い青春漫画『ショーハショーテン!』の魅力を徹底解説!小畑健×浅倉秋成の最強コンビが描く作品とは?

お笑いに興味がある方なら、ぜひ読んでほしい漫画があります。それが、小畑健×浅倉秋成の最強コンビが描くお笑い青春漫画『ショーハショーテン!』です。この漫画は、お笑いに挑む高校生たちの青春ストーリーを描いています。ジャンプスクエアにて2021年11月号から連載中で、最新刊は5巻で2023年7月4日に発売されました。

この記事では、『ショーハショーテン!』の魅力を徹底解説します。登場人物やお笑いネタの魅力はもちろん、お笑い界の裏側やキャラクターの成長と関係性についても紹介します。ネタバレにご注意ください。

『ショーハショーテン!』は、お笑いと青春の融合が素晴らしい漫画です。畦道たちのお笑いにかける情熱や苦悩、そして笑顔に共感できることでしょう。ぜひチェックしてみてください。

登場人物の紹介

『ショーハショーテン!』には、個性豊かな高校生お笑い芸人たちが登場します。彼らは、お笑いに情熱を燃やし、夢を追いかける青春の姿を見せてくれます。主な登場人物を以下に紹介します。

  • 四十万畦道(しじまあぜみち):お笑いコンビ「天頂片道切符」のツッコミとネタ作りを担当しており、極度のあがり症です。以前、「エブリデイしじみ」というラジオネームでがき職人をしていた時期があり、その頃、界隈では日本一面白い高校生と呼ばれていました。
  • 東片太陽(ひがしかたたいよう):お笑いコンビ「天頂片道切符」のボケ担当で、元天才子役で大河ドラマにも出演経験があります。また、病死した元相方・椚の夢でもあった漫才とコントの2大お笑い賞レース二冠を目指しています。
  • 鬼崎鉄平太(おにざきてっぺいた):人気高校生お笑いコンビ「シュプレヒコール」のボケ担当です。不器用ながらもお人好しで、強面ととげとげしい言葉の裏には優しい思いが潜んでいます。愛称は「てっ太」。
  • 水科潤(みずしなじゅん):お笑いコンビ「シュプレヒコール」のツッコミ担当。ドライなイケメン。高校生漫才ナンバーワン決定戦での優勝を目指している。
  • 田端 大木(たばた だいぼく):「舞台クラッシャー」の異名を持つ「きらめき製菓」のボケ担当。ビルドアップで手に入れた鋼の肉体を生かし漫才に取り組む。保育園でエクササイズレクのボランティアをしている。
  • 奏 すずめ(かなで すずめ):「舞台クラッシャー」の異名を持つ「きらめき製菓」のツッコミ担当。小柄だが空手歴は10年。空手を生かしたテンポの良いツッコミが得意。田端とともに保育園でエクササイズレクのボランティアをしている。
  • 椚 朔太郎(くぬぎ さくたろう):太陽がお笑いを始めるきっかけを作った高校生で元相方。高校生芸人の中で日本3位のお笑いの実力を持っていた。元々体が弱く、若くして病死している。
  • ちゆり:椚の大事な人で同じ高校に通う同級生。椚の体調を心配しながら、「せりぬんてぃうす」の漫才の練習に付き合っていた。
  • 泥谷 琉希(なずたに りゅうき):「せりぬんてぃうす」として活動していた椚の本来の相方。現在はお笑いコンビ「ぶるーたす」として活動している。
  • 実籾 春静(みもみ しゅんせい):お笑いコンビ「柴犬世界一周」のボケ担当。流暢で爽やかなボケが武器。
  • 小埜塚 曜(おのづか よう):お笑いコンビ「柴犬世界一周」のツッコミ担当。体言止め多用・大声のツッコミが武器。

これらの登場人物たちは、それぞれに個性や背景を持っています。小畑健の絵柄で表現される彼らの表情や仕草は、感情豊かで魅力的です。また、浅倉秋成のストーリーで描かれる彼らの関係や成長は、感動的でドラマチックです。

『ショーハショーテン!』は、登場人物たちがお笑いを通して自分自身や仲間たちと向き合う青春漫画です。彼らのお笑いにかける情熱や苦悩、そして笑顔に共感できることでしょう。

お笑いネタの魅力

お笑いネタの魅力について紹介します。『ショーハショーテン!』では、畦道たちが様々なお笑いネタに挑戦します。漫才やコントはもちろん、大喜利や即興芝居など、多彩なジャンルが登場します。

お笑いネタは、小畑健の絵柄と浅倉秋成のストーリーが見事にマッチしています。リアルとデフォルメを行き来する表現で、キャラクターの感情や動きを的確に描き出しています。例えば、畦道と太陽が初めてコントを披露したときのシーンでは、太陽の演技力と畦道のあがり症がコミカルに表現されています。

また、お笑いネタは単なるギャグではなく、キャラクターの成長や関係性にも深く関わっています。畦道たちは、自分たちの夢や過去を乗り越えるために、お笑いを通して自分を表現しようとします。例えば、畦道が中学時代に好きだった女の子・みずはが転校してしまう最後の日に「面白い話して」と言われるがなにもいえず、その苦い過去をきっかけにお笑いを研究します。

さらに、お笑いネタは読者にも楽しませてくれます。作中で出てくるネタは絶妙に面白く、ページをめくりながら思わず吹き出してしまいます。四十万畦道が家族に芸人の道を目指す際に、父親に猛反対を受けます。なんとか説得してある条件を出されます。それは「父、母、妹」家族をすべて笑わせる事。家族を笑わせる事なんて簡単だと思います。しかし四十万畦道は言いました。「見たことないんだよ。。。あの三人が爆笑しているところ」四十万畦道はある方法で3人を爆笑させることができます。それは王道の方法ではありません。家族だからことできるお笑いを披露します。

『ショーハショーテン!』は、お笑いネタの魅力が満載の漫画です。畦道たちのお笑いにかける情熱や苦悩、そして笑顔に共感できることでしょう。ぜひチェックしてみてください。

お笑い界の裏側に迫る

お笑いに興味がある方なら、お笑い界の裏側やコツを知りたいと思うこともあるでしょう。『ショーハショーテン!』では、お笑い界のリアルな裏側やコツを学べます。プロのお笑い芸人や事務所の関係、ネタ作りや練習の方法、お客さんの反応や評価など、お笑いに関する様々な情報が盛り込まれています。

主人公・畦道は、お笑いコンビ「天頂片道切符」を結成する前に、ラジオ番組「エブリデイしじみ」ではがき職人として活躍していました。はがき職人とは、ラジオ番組に投稿するネタや感想を書く人のことで、お笑い界では有名な存在です。

『ショーハショーテン!』は、お笑い界の裏側に迫る漫画です。畦道たちのお笑いにかける情熱や苦悩、そして笑顔に共感できることでしょう。ぜひチェックしてみてください。

キャラクターの成長と関係性

『ショーハショーテン!』では、キャラクターの成長と関係性が感動的に描かれています。畦道たちは、お笑いを通して自分自身や仲間たちと向き合い、悩みや葛藤を乗り越えていきます。また、ライバルや先輩との対決や交流も見どころの一つです。